今、もっとも人気があるカードローンは?即日融資の可否、審査の難易度、金利でカードローンを徹底比較しています。
カードローン人気ランキング カードローンを審査通過データで比較する カードローンを即日融資可能度で比較する

カードローンを選ぶ注意点。ここだけは気をつけて!

1.金利は下限金利に注意!

bikkuri128_128
カードローンの金利は、「5%~18%」というように幅の広い金利設定になっていることがほとんどです。この時に下限の「5%」だけに注目して、金利が低いカードローンだと思って申し込んだら、実際には「18%」が適用されたということがありえるのです。カードローンの金利は下限金利だけでなく、上限金利を見ながら選びましょう。

2.最短即日は、本当に即日?

bikkuri128_128
カードローンは金利だけでなく、申込から融資の時間も重要になってきます。特に当日になんとしても、お金を借りる必要があるのであれば、即日融資が可能か、どうかが大きなポイントになってきます。しかし、「最短即日」と書いてあっても、あくまでも最短であって、借りれない可能性の高いカードローンも多いのです。即日融資を受けるためには審査のハードルが低い消費者金融カードローンを選ぶ必要があるのです。

3.銀行カードローンも審査をするのは消費者金融!

bikkuri128_128
銀行カードローンはあたかも銀行が審査をしているようになっていますが、実際には銀行カードローンの貸し倒れ時に債権を肩代わりする保証会社として入っている「消費者金融」が審査を行うのです。つまり、銀行カードローンの審査の難易度も、消費者金融の審査データに連動することになるのです。銀行カードローンの審査難易度は保証会社と消費者金融の審査データを比較すれば良いのです。

4.家族にばれないためには、ローンカードの郵送がないカードローンも検討しよう

bikkuri128_128
今では、ほとんどの申込に関する作業がウェブで行えるようになってきました。申し込みも、確認資料の送付も、明細も、ウェブでできるため、郵送物の必要がありません。しかし、一点ローンカードの送付だけは、どうしても、現物を渡す必要があるのです。今ではこのローンカードの郵送がないカードレスのカードローンも登場してきています。銀行の窓口で受け取れたり、お手持ちのICキャッシュカードがそのままローンカードになったりです。ローンカードの郵送がなければ家族にばれる心配がないのです。

5.半年の間に申し込めるのは3社まで、それ以上は申し込みブラックに

bikkuri128_128
半年の間に申し込めるカードローンは、3社までです。4社以上申し込んでも、申し込みブラックと判定されてしまうため、なかなか審査は通りません。そうならないためには、はじめに審査の通りにくい銀行カードローン3社を選ぶのではなく、銀行カードローン、消費者金融カードローン、信販系カードローン、というように種類を分けて複数申し込むことで、どれも審査に通らないリスクを避けることができます。

カードローン人気ランキング 2016年6月最新

順位カードローン名比較ポイント下限実質年率上限実質年率最大限度額最低返済額最短即日借入無利息期間専業主婦借入
1位プロミスカードローン
大手消費者金融で約定金利が一番低金利
最短即日融資が可能
30日間の無利息期間あり
4.50%17.80%1~500万円5万円借入時2,000円

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

-
2位みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」
安心のメガバンクカードローン
上限金利が低金利!
最短即日利用が可能
4.00%14.00%1,000万円100万円借入時1万円-○30万円まで
3位三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
上限金利が低金利!
審査回答は最短30分、最短即日融資
銀行店舗で最短40分でカード受取可能
4.60%14.60%500万円10万円借入時2,000円--
4位アコムカードローン
審査通過率48.9%(2015/4-6)
※出典:アコムIR情報
最短1時間融資可能!
30日間の無利息期間あり
4.70%18.00%500万円10万円借入時3,000円

※最短1時間融資

-
5位三井住友銀行カードローン
上限金利が低金利!
審査回答は最短30分、最短即日融資
銀行店舗でカード受取可能
4.00%14.50%800万円50万円借入時10,000円--
6位楽天銀行スーパーローン
上限金利が低金利
専業主婦の借入可能
楽天会員ランクに応じて審査優遇
4.90%14.50%500万円10万円借入時3,000円-○50万円まで
7位じぶん銀行カードローン(じぶんローン)

auユーザーなら誰でも金利優遇
借り換えならさらに金利優遇
借り換え金利が低金利12.5%
2.40%17.50%800万円10万円借入時2,000円--
8位りそな銀行カードローン
変動金利採用で上限金利が一番低金利
最短当日審査回答
キャッシュカードで借入可能
3.50%12.48%800万円50万円借入時10,000円---
9位東京スター銀行カードローン(スターカードローン)
上限金利が低金利
ネットローンタイプも選べる
専業主婦や年金受給者も可
4.50%14.60%500万円30万円借入時5,000円-○限度額不明
10位モビットカードローン
電話連絡なし、郵送物なし
最短即日融資が可能
10秒簡易審査結果表示
3.00%18.00%800万円10万円借入時4,000円

※14:50までの振込手続完了が必要
※審査結果次第で希望に沿えない可能性あり

--
  • 消費者金融カードローン データで審査の難易度をチェック

    消費者金融カードローンアコムカードローン
    アイフルカードローン
    プロミスカードローン
    新生銀行カードローン レイク
    ノーローン
    データ取得期日2016/1-32016/1-32016/1-32016/1-32016/1-3
    金利平均15.3%15.3%15.0%15.3%16.0%
    新規申込数(人)117,930101,011119,370115,6677,692
    新規貸付人数(人)54,58147,72352,43834,7001,700
    審査通過率(新規貸付人数/新規申込数)46.3%47.2%43.9%30.0%22.1%
    初回貸付額 平均147,000----
    貸付残高構成比10万円以下1.4%4.7%2.0%1.1%1.9%
    10万円超 30万円以下9.2%12.1%7.5%8.1%7.4%
    30万円超 50万円以下27.1%26.8%22.5%21.1%14.3%
    50万円超 100万円以下24.3%23.3%22.3%31.3%23.2%
    100万円超38.0%33.1%45.8%38.4%53.2%
    年収別構成比(新規)200万円以下25.7%-20.0%10.7%6.1%
    200万円超  500万円以下64.3%-67.2%60.7%49.1%
    500万円超  700万円以下6.8%-12.8%18.3%23.7%
    700万円超 1,000万円以下2.6%--10.3%21.1%
    1,000万円超0.6%----
    新規平均貸付単価200万円以下117,000----
    200万円超  500万円以下148,000----
    500万円超  700万円以下192,000----
    700万円超 1,000万円以下233,000----
    1,000万円超306,000----
    顧客年代別構成比(新規)~29才49.5%-46.5%10.7%3.4%
    30~39才18.9%-21.9%28.4%19.8%
    40~49才16.8%-17.8%28.3%37.3%
    50~59才10.2%-9.6%19.6%26.1%
    60才~4.6%-4.1%13.0%13.4%
    顧客性別構成比(新規)男性71.4%-72.8%79.1%88.8%
    女性28.6%-27.2%20.9%11.2%
    男性独身---41.2%37.2%
    男性既婚---37.9%51.6%
    女性独身---11.3%6.2%
    女性既婚---9.6%5.0%
    延滞比率91~180日延滞比率-1.1%0.9%0.9%1.0%
    保証会社として入っている銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
    じぶん銀行カードローン(じぶんローン)
    セブン銀行カードローン
    東京スター銀行カードローン(スターカードローン)-三井住友銀行カードローン-

    出典:消費者金融各社のIR情報に記載されている数値を当サイトが集計・再計算し記載しています。
    ※審査通過率は「新規貸付人数/新規申込数」で計算しています。

    消費者金融カードローン審査通過率ランキング/2016年1月~3月データ

    1位 アイフルカードローン

    審査通過率 47.2%

    審査通過率が高く、さらに約定金利平均も15%金利も比較的低金利の結果が出ている総合的におすすめのカードローンです。ただし、30万円以下の貸付残高の割合が他の消費者金融と比較してかなり高い数値になっているため、少額で多くの人に貸す作戦を取っている消費者金融と言えます。
    アイフルカードローン詳細

    2位 アコムカードローン

    審査通過率 46.3%

    審査通過率は高い数字になっていますが、その分、初回貸付金額平均が低くなっています。また、年収200万円以下の利用者が25.7%と他社の2倍以上になっていることから、年収が低くても積極的に貸し付けは実行するが貸付金額は低くするというカードローンの特徴が明らかになっています。貸付人数は消費者金融1位の結果です。
    アコムカードローン詳細

    3位 プロミスカードローン

    審査通過率 42.6%

    30日間の無理期間を要しつつも、審査通過率が高いカードローン。はじめての方の利用で審査通過率が高いことが予想されます。新規申込数は大手消費者金融の中で一番多く、利用者から選ばれているカードローンです。200万円超500万円以下の利用者が一番多く、平均的な層への貸し付けを行っています。
    プロミスカードローン詳細

    消費者金融カードローン貸付実績ランキング/2016年1月~3月データ

    1位 アコムカードローン

    新規貸付人数(人) 54,581人

    もっとも多くの人に融資を行った消費者金融がアコムです。今回の調査ではプロミスに審査通過率で及ばなかったものの、過去の数年では常に高い審査通過率を誇り、知名度も抜群なので自然と多くの方に選ばれるカードローンとなっています。迷ったらアコムで間違えないと言えます。
    アコムカードローン詳細

    消費者金融カードローン低金利ランキング/2016年1月~3月データ

    1位 プロミスカードローン

    約定金利 15.0%

    消費者金融の中で最も低金利での貸し付け実績を記録したのがプロミスカードローンです。他の消費者金融と比較すると0.3%ですが利息負担が少なく利用できるカードローンとなっています。さらに30日間の無利息期間もあるあため、消費者金融の中で返済負担が比較的小さいカードローンと言えます。
    プロミスカードローン詳細

    銀行カードローンと保証会社比較

    man4128_128 銀行カードローンは保証会社として消費者金融が入っています。保証会社というのは銀行カードローンの返済がされなかった場合に銀行に対して利用者の代わりに返済をする役割を持つ会社のことで、保証会社がカードローンの貸し倒れリスクを背負っているのです。そのため、実際には銀行カードローンであっても、審査は保証会社が行っています。多くの場合、銀行カードローンでは保証会社である消費者金融が審査をしているのです。

    銀行カードローンで保証会社として消費者金融が入っている場合と、その消費者金融自体が発行しているカードローンの審査難易度は、金利が違うため変わってくるのですが、審査の方法や基準は同じになるので、銀行カードローンの審査難易度というのは、保証会社である消費者金融の審査データを照らし合わせることで審査難易度を把握できるのです。

    銀行カードローン
    審査通過率
    (参考値:データ取得2016年1-3月)
    保証会社保証会社が自社提供する
    カードローンの審査通過率
    三菱東京UFJ銀行アコム株式会社46.28%
    じぶん銀行アコム株式会社46.28%
    セブン銀行アコム株式会社46.28%
    三井住友銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス提供消費者金融)43.93%
    新生銀行新生フィナンシャル株式会社(レイク提供消費者金融)30.00%
    東京スター銀行新生フィナンシャル株式会社(レイク提供消費者金融)30.00%
    楽天銀行楽天カード株式会社または株式会社セディナ不明
    住信SBIネット銀行オリックス・クレジット株式会社不明
    オリックス銀行オリックス・クレジット株式会社不明
    イオン銀行イオンクレジットサービス株式会社不明
    みずほ銀行株式会社オリエントコーポレーション不明
    りそな銀行りそなカード株式会社不明

    消費者金融カードローンデータからわかること

    年齢は20代が約半数

    man4128_128 アコムカードローンが49.2%、プロミスカードローンが42.2%が20代という結果になっています。借り入れ者数が多い2社の顧客の半数が20代ということは、若いうちに申し込んだ方が審査通過率が高いという結果が出ているということです。

    男性が7割強

    男女比で行くと、アコムカードローンが72.5%、プロミスカードローンが72.9%、新生銀行カードローンレイクが78.3%と約7割が男性の利用になっています。そのため、各カードローン会社も女性の顧客獲得に力を入れていて、レディースローンと名付けて女性スタッフだけの対応など女性向けのサービスを展開しています。つまり、同じ条件であれば女性の方が優遇される可能性があるのです。

    3か月で約100万人が消費者金融カードローンを申し込み

    上記のデータで挙げた5社だけでも、3か月で100万人以上の申し込みがある結果になっています。カードローンというものが登場して、銀行でもサービス展開をするようになり、利用者も抵抗がなくなってきているのではないでしょうか。

    3人に1人は100万円超の借り入れをしている

    アコムカードローンが34.4%、プロミスカードローンが38.2%が100万円超の貸付残高があります。

    年収と借入額には大きな関連性はない

    アコムカードローンしか情報を公開していないため1社のデータでしかありませんが、年収に応じて多少の比例はしているものの大きな関連性はありません。200万円以下で11.7万円、500万円で年収が約2倍になっても、貸付平均は15.4万円と微増という結果です。審査で融資される額と年収には関連性があるものの大きな関連性とまではないようです。

  • カードローンの審査に落ちた場合の対策

    1.審査の通りやすいカードローンに申し込む

    man4128_128 一般的な審査の難易度は

    1. 1.大手都市銀行のカードローン
    2. 2.ネット銀行のカードローン
    3. 3.流通系銀行のカードローン
    4. 4.信販系(クレジットカード会社)のカードローン
    5. 5.大手消費者金融のカードローン
    6. 6.中小消費者金融のカードローン

    という順番になっていることが一般的です。つまり、上位のカードローンの審査に通らなければ、金利が高い、もしくは信頼性は劣るかもしれないけれども、審査の難易度が低いカードローンに再度申し込むと良いでしょう。

    2.他社借入件数が4件以上の場合は借入件数を減らす

    他社借入件数が3件を超えてくると、なかなかカードローンの審査は通りにくくなります。その場合は、借入額が少なくて、金利が高い借り入れから完済して、他社借入件数を減らしてからカードローンに申し込みましょう。

    3.他社借入が2社以上ある場合は、おまとめローンの利用も検討する

    他社借入件数が2社以上あり、返済が困難で新しい借り入れを検討している場合は、おまとめローンや借り換えローンを利用することを検討すると良いでしょう。おまとめローンは金利も低金利に設定されているため、審査が通れば毎月の返済額が少なくなり、新たな借り入れをしなくても済む可能性もあるのです。

    おまとめローン人気ランキング

    4.転職直後や勤続年数が半年以内であれば、待つ必要がある

    勤続年数も大きな審査基準になります。転職直後や新入社員などでは、安定した収入とみなされないのです。その場合は、最低でも半年経過するまで待ちましょう。パートやアルバイトの方も同様です。働いている期間が短い場合は、パートやアルバイトでも審査にはマイナス評価なのです。

    ※情報については万全を期しておりますが、その内容や効果を保証するものではありません。サービス・商品の提供各社にて直接ご確認ください。

  • カードローン即日融資ができる可能性と即日融資方法の比較

    man4128_128 最近のカードローンは「最短即日融資」とウェブサイトに記載されているカードローンが少なくありません。一見、「最短即日融資」と書いてあればどのカードローンを選ばんだとしても、即日融資が可能になるように思われますが、実際にはそうではありません。

    あくまでも最短なので、10人に1人しか最短即日融資ができないカードローンでも、2人1人即日融資ができるカードローンでも、同じように「最短即日融資」と表現してしまっているのです。

    即日融資を確実に行うためには、きちんと「最短即日融資」の可能性が高いカードローンを選ぶ必要があるのです。

    「最短即日融資」の可能性が高いカードローンのチェックポイント

    1.審査最短30分のカードローンが狙い目

    消費者金融カードローンや一部のメガバンクのカードローンでは、「最短即日融資」かつ「最短30分審査」となっています。審査時間を30分と表現しているカードローンの場合、申込み時間さえ間違えなければ、その日のうちに借入ができる可能性が高いのです。

    2.時間制限を比較する

    銀行振込みでの初回入金をしてくれるカードローンの場合、最短即日融資は可能なのですが、銀行の営業時間15時をまわってしまうと、タイムオーバーで翌日の振込みになってしまい、即日融資ができなくなってしまうのです。また、自動契約機でのローンカード受取を選ぶ場合も、夜8時~9時までしか営業していないので注意が必要です。自動契約機は有人対応なのでATMとは違って営業時間があるのです。

    3.即日融資の条件を比較

    「すでに口座をお持ちの方は、審査が通り次第カードローンが利用可能です。」というような銀行カードローンもあります。これは逆に言えば「銀行口座開設がなければカードローンは発行できない」ということを意味しているのです。すでに銀行口座がある方は即日融資の可能性がありますが、そうでない方は数営業日、銀行口座開設に時間を取られてしまうのです。即日どころか、借り入れまでに数日経過してしまうのです。無条件で即日融資が可能なカードローンと条件ありで即日融資が可能なカードローンは違うということを覚えておきましょう。

    4.ローンカードの発行方法が重要

    即日融資の可能性というのは、「ローンカードの発行・受取がどういう形になるのか?」によって左右されるものです。ローンカードが郵送であれば少なくても1営業日は郵送にかかってしまいます。基本的には、銀行店舗にある自動契約機、街中にある自動契約機での即日ローンカード受取が可能なカードローンが即日融資の可能性が高いのです。

    カードローン「最短即日融資」の可能性比較

    カードローン名即日融資可能度評価融資スピード即日融資条件審査スピード即日融資方法1即日融資1リミット即日融資方法2即日融資2リミット郵送以外のローンカード取得方法
    プロミスカードローン最短即日-最短30分契約後銀行振込平日14時までにWEB契約完了
    ※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合は24時間振込み可能
    ネット申込後、自動契約機でローンカード受取平日・土曜日:22時、日曜日・祝日:22時自動契約機
    みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日みずほ銀行キャッシュカードをそのままローンカードとして使用24時間※すでに口座開設済でキャッシュカードを持っていないと利用できない。--キャッシュカードでローンカード利用可能
    三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック最短即日-最短30分契約後銀行振込平日14時までに振込み依頼完了ネット申込後、テレビ窓口でローンカード受取テレビ窓口申込手続き時間(平日:20時、土曜日・祝日:18時、日曜日:17時)銀行店舗自動契約機
    アコムカードローン最短1時間-最短30分契約後銀行振込平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了ネット申込後、自動契約機でローンカード受取平日・土曜日:22時、日曜日・祝日:22時自動契約機
    三井住友銀行カードローン最短即日-最短30分ネット申込後、店舗のローン契約機(ACM)でローンカード受取ローン契約機(ACM)申込手続き時間(21時)--銀行店舗自動契約機
    楽天銀行スーパーローン最短即日-最短即日~2営業日ネットキャッシング24時間※インターネット会員サービス「メンバーズデスク」会員に登録済の方お電話でキャッシング24時間-
    じぶん銀行カードローン(じぶんローン)最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日契約後銀行振込当日、もしくは翌営業日という記載のみ---
    りそな銀行カードローン×--最短即日----キャッシュカードでローンカード利用可能
    東京スター銀行カードローン(スターカードローン)最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日契約後銀行振込同日の正午までにWEB契約手続き完了--カードレス
    モビットカードローン最短即日-最短30分

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    契約後銀行振込当日振込には14:50までの振込手続完了ネット申込後、自動契約機でローンカード受取平日・土曜日:21時、日曜日・祝日:21時自動契約機,カードレス
    イオン銀行カードローンBIG最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日イオン銀行キャッシュカードをイオン銀行ATMでそのままローンカードとして使用24時間※すでに口座開設済でキャッシュカードを持っていないと利用できない。イオンダイレクトで振替15時まで即日振込み。※すでに口座開設済でないと利用できない。キャッシュカードでローンカード利用可能
    アイフルカードローン最短即日-最短30分契約後銀行振込当日、もしくは翌営業日という記載のみネット申込後、自動契約機でローンカード受取平日・土曜日:21時、日曜日・祝日:21時自動契約機,郵送で配達時間設定可能
    オリックス銀行カードローン×-オリックス銀行カードローンは契約(完了)後、最短即日融資可能最短即日-----
    じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日契約後銀行振込当日、もしくは翌営業日という記載のみ---
    じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日契約後銀行振込当日、もしくは翌営業日という記載のみ---
    みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日みずほ銀行キャッシュカードをそのままローンカードとして使用24時間※すでに口座開設済でキャッシュカードを持っていないと利用できない。--キャッシュカードでローンカード利用可能
    新生銀行カードローン レイク最短即日-最短30分契約後銀行振込平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了ネット申込後、自動契約機でローンカード受取自動契約機営業時間(平日・土曜日:24時、日曜日・祝日:22時)自動契約機
    住信SBIネット銀行Mr.カードローンスタンダードコース×--------
    住信SBIネット銀行Mr.カードローン×--------
    セブン銀行カードローン最短即日-最短10分契約後銀行振込24時間※すでに口座開設済でキャッシュカードを持っていないと利用できない。--キャッシュカードでローンカード利用可能
    セゾンマネーカード×--------
    セゾンマネーカードゴールド×--------
    三井住友カードゴールドローン×--------
    みずほ MyWing わたし応援ローン最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日みずほ銀行キャッシュカードをそのままローンカードとして使用24時間※すでに口座開設済でキャッシュカードを持っていないと利用できない。--キャッシュカードでローンカード利用可能
    ノーローンカードローン最短即日-最短30分契約後銀行振込12:30までに手続き完了
    楽天銀行口座をお持ちの場合は平日17:00までに手続き完了
    ネット申込後、自動契約機でローンカード受取自動契約機営業時間(平日・土曜日:24時、日曜日・祝日:22時)自動契約機
    千葉銀行カードローン最短即日-最短即日契約後銀行振込正午までに審査結果の連絡が完了した場合---
    横浜銀行カードローン最短即日口座開設済みでないと即日融資は厳しい最短即日契約後銀行振込平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了---
  • カードローン申し込み前にチェックしておくべき事項

    1.カードローンの他社借入件数と他社借入金額を確認

    man4128_128 カードローンの申し込みフォームでは、必ず「他社の借入件数」と「他社借入金額」を記入する欄があります。この数字を適当に書いてしまうと、審査に通らなくなってしまう可能性もあるのです。なぜなら、この他社借入件数と他社借入金額は、銀行や消費者金融は情報を共有しているため、正確な数字をはじめから把握しているからです。自己申告の数字と大きく乖離がある場合は「信用できないウソをつく人」と判断されてしまい、審査が通らなくなってしまう可能性があるのです。

    2.1か月未満の短期の借入で、はじめてのカードローン利用なら無利息サービス

    はじめてカードローンを利用する方で、1か月未満の短期の借り入れを考えている方は、無利息サービスを実施しているアコムやプロミス、レイクがおすすめです。無利息は文字通り、金利0%で借りられるので、短期の借入なら無利息の方が良いのです。ただし、無利息サービスは「はじめての利用の方」に限定しているケースが多いので注意しましょう。また、無利息期間があるカードローンは無利息期間終了後は比較的高い金利設定となるケースが多いので、長期利用の場合は銀行カードローンなど低金利のカードローンがおすすめです。

    3.おまとめ利用、借り換え利用を考えているのであれば専用のローンで

    カードローンは、使途自由なのでどんなカードローンでも借り換え目的やおまとめ目的で利用することが可能です。ただし、おまとめや借り換えをするということは、すでに他社借入がある状態ですので、審査に通るのが難しくなってしまうのです。おまとめ・借り換え利用を考えている方は、はじめから他社借入がある人を前提としている、おまとめローンや借り換えローンを利用した方がカードローンよりも審査に通る可能性が高いのです。

    4.申し込みは6か月間に3社まで

    「カードローンに申し込んだ」という情報は、6か月間、銀行や消費者金融に共有されます。その間に3件申し込んでいて審査に落ちていると、4社目に申し込んだ金融機関は、ほかの「金融機関は貸さなかった信用の低い人」だと判断して、審査を通しません。これが「申し込みブラック」というものです。この情報は半年間できれいになるため、半年を経過したら再度申し込みをしても問題ありません。

    5.申込みは違う種類のカードローンに分散して申し込む

    審査の難易度は、銀行カードローン、信販(クレジットカード会社)系カードローン、消費者金融系カードローンという順番に厳しくなっています。つまり、3社までしか申し込めないのに3回すべてで銀行カードローンに申し込んでしまったら、審査が全滅する可能性も高いのです。審査の難易度によって、種類を分散して申し込みましょう。2社目からは消費者金融カードローンを選ぶことをおすすめします。

  • 返済シミュレーション

    返済シミュレーション

    まずは想定金利を入力

    金利(年率)  


    1.返済回数を試算したい場合

    借入金額  万円   毎月の返済  円    

    返済回数  


    2.毎月の返済額を試算したい場合
    借入金額  万円   返済回数 回     

    毎月返済  


    ※返済シミュレーション、借り換えシミュレーションはできる限り正確を期していますが効果を保証するものではありません。参考としてお考え下さい。

  • カードローン審査比較の達人/特集記事